2017年8月9日水曜日

11楽章〜裏

「おい!  奥の方に逃げていくぞ!」

    おじさんの声でハッとなったあたしは、狸の後ろ姿を目で追う。どうやら何かを咥えているようだけど……。

「あっ! しまった! 帽子を、イワシを盗られてる!」

「てめっ! 俺には指一本触れさせなかったくせに……まあいい、早く追いかけるぞ」

    ちょこまかと逃げ回る狸を、あたし達は全力で追いかけていく。

「あはは、たのしーい」

「呑気なこと言ってる場合か!」

「あたしのイワシをかえせー」

「違う! 俺のイワシだ!」

    そんなこんなでなんとか追うことは出来ているけど、森の中では体の小さい狸の方が有利なもので、

「あっ、また隠れられちゃった」

「またかよ! くそっ!」

「でも逃げる音がしないからまだ近くにいるはずだよ」

    そうやって逃げ隠れする狸を、見つけては追いかけ、見つけては追いかけてと繰り返していた。

「ああもう鬱陶しい!」

    隠れた狸を探していると、おじさんが荒々しく木や草を揺さぶり始めた。

「ダメだよおじさん、そんなことしたら」

「だって、面倒くせぇじゃねぇか」

「だからって、葉っぱや虫たちがかわいそうだよ。それに蜂の巣があったらたいへ……ん…………」

「な、何だよ急に黙りやがってよ?」

    訝しげにあたしを見るおじさんの後ろを、あたしは指差した。

「……熊」

「あ⁉︎ 誰が熊だってんだ!」

「そうじゃなくて、おじさんの後ろ」

「何だよ」と振り返ったおじさんの前に、2メートルをゆうに越える立派な熊が立っている。

「お、おう。何だ、どうした?」

    おじさんは若干震えた声で、そびえ立つ熊に声をかけた。

    熊はたくましい両腕を広げ、鋭く尖った牙を剥き出しにして唸り声をあげる。

「おおお! すごい迫力だね、おじさん! ……あれ? おじさん?」

    声をかけても反応がないので近づいていくと、突然おじさんがふらーっと倒れ始めた。

「おじさん⁉︎」

    慌てて駆け寄ったあたしの目の前で、どういうことかおじさんからポンっと白煙があがった。

    やがて煙が晴れると、あたしの目の前にはなんとひっくり返った1匹の猫が⁉︎





2017年7月24日月曜日

11楽章〜3

「さーーーて、と!」


私に化けたフラッチーを見送り、うーんと大きく伸びをして後ろのカホラちゃんに向かって、


「私はこのままカホラちゃんの家に泊まって居てもいいのかな?」


と、少し遠慮気味に言った。



『はい!もちろんです。いくらでも泊まっていってくださいね。』


「ありがとう〜お婆さんにもお断りして...」


『大丈夫ですよ。お婆ちゃんは、"カホラちゃん、しばらく家に居るようになる” って、前からそう言っていたの。』


「えっ!なんで?」


『なんでって...ふふふ。うららさんは、もうわかってきたでしょ?お婆ちゃんって、そういう人よ。というか、なんとも説明しようがないです。そういう人だ、としか。』


そう。たしかにそうだ〜
カホラちゃんのお婆さんは本当に不思議な人。
でも、なんだかとっても安心できる。
私の、いえ、私達の知りたいことを発見するための旅には、きっとお婆さんの手助けが必要なのに違いない!と、思う。

本当は、わからないことや知りたいことをお婆さんにたずねて教えて欲しいところなんだけど。お婆さんは「自分たちで探しなさい」って、言っていた。

だけど、きっと必要な時には助けてくれるだろう。

必要な時.....


いま。

そう、今!
超〜必要なんだけど。


「あのね、カホラちゃん。」


苦笑いしながら私は言った。


「私さ、自分の荷物、ほとんどすべてフラッチーに渡しちゃったみたい...」


『えっ?着替えとかもすべて?』


「うん....どうやら慌てて、しかも何にも考えないでとりあえず荷物詰めたんで、ぜーんぶリュックに入れちゃったの。」


『そうですか〜でも大丈夫ですよ。私の服や必要なもの、なんでもお貸ししますから遠慮なく言ってくださいね。』


笑顔でカホラちゃんはそう言ってくれ、私は安心してお礼を言った。


「ありがとう〜カホラちゃん!」





2017年7月9日日曜日

11楽章〜2

”ソウ...ソノ通り
オ話しヲ伝エニ来タヨ”


私が何も言っていないのに、
まるで私の心を読んだみたい。

クジラは言って、また笑った。


「やっぱりそうなの?クジラさん、これから星に還るんだ...だから、その前に私に伝言しに来てくれたんでしょ!」


嬉しくなって私はそう答えた。


”ハイ、伝言...ナガイお話デス”


「あら、じゃあ私...がんばって覚えなきゃね。」


”ダイジョウブ!オ婆サンモ、一緒ダカラ”


えっ?お婆さんも一緒に??


”ハイ。ナガイナガイ物語...今ノ、カホラチャンニハ、ムズカシイコト...オ婆サンニ伝エテオキマス。アナタガ大キクナッタ時、話シテモラエルヨウニ"


「ふーん、そうなんだ〜わかった!なら、お婆ちゃん呼んで来るね!」


家の方に走り出そうとして、何かにぶつかった。


「うわぁっ!」


ぶつかって砂浜に倒れた私に、
手を出しながら微笑んでいるのは、お婆さん。

そう、お婆さんってば、いつもいつも...今
も昔も、ふと、そこにいるんだなぁ。


『かホラ。おまえは、このクジラの精霊のことをちっとも怖がりもせんで...やっぱり言い伝え通りじゃのぉ。』


お婆さんは、しきりに一人でうん、うんとうなずいて嬉しそうな顔をして、そこに立っていた。


「うん、お婆ちゃん!私、クジラさん全然怖くないよ。だって、あの絵本のように、天に還る前に、私達にお話ししに来てくれたんだよ。」


”オ婆サン、コンニチハ。”


『はいはい。はじまりの島...じゃな。
あぁ、待っとったよ。』


2017年6月28日水曜日

11楽章〜1

目の雨にあらわれた、青く透き通った小さなクジラ。

幼い私は、びっくりして、

何も言えないまま、そのクジラを見つめていた。


"ア.....コワガラナイデ”


優しく笑いながら、クジラの精霊は言った。


"ワタシハ、アナタノナカマ、デス"


「仲間...って、ともだち?」


笑顔に安心した私は、そう問いかけた。


"ハイ。トモダチ。カゾク。"


私はちょっと前に、お母さんに連れていってもらった町の図書館でのことを思い出した。

その図書館で真っ先に見つけたのは、キレイな色彩...深い藍色のグラデーションに散りばめられた星の絵が印象的な絵本だった。

その神秘的な絵に惹かれ、文字が読めるようになってまもない私は、ワクワクしながら絵本を読んだのだった。

その、絵本のことを思い出していた。

その本に描かれていたのは『死んだ動物や人の精霊が星になる』...童話のような神話のような、不思議な物語だった。

そして、この世界から天上に旅立ついきもの達は、大地や海で生きていた時の、自分の一番の思い出を、星になる前に誰かに伝えてゆく。

誰かに伝言を渡したら、安心して空に昇って行けるのだ、と。
そして、それがのちに神話になってゆく...

そんなステキな物語だった。

だから私は、今、目の前にあらわれたこの透き通ったクジラも、
星になる前の精霊なのだ...と、素直にそう思った。

そのクジラの精霊が、星になってゆく前に、
なにか私に伝えに来てくれたんだ...

数日前に読んだ絵本がとても素敵で、
そのお話を気に入った私は、
クジラの精霊のことを訝しがることもなく、
すんなりとうけとめ、またとても嬉しく。
精霊が話してくれるであろうお話を聞こうと思えた。

私の生まれた集落にも、たくさんの動物達との神話が伝わっていて...おばあちゃんは、私にそんなお話をいつも聞かせてくれていた。

まだ幼いこどもだった私の、
それは大きな楽しみだった。









2017年6月12日月曜日

十楽章 浦

 こんな真夏の炎天下であっても、木々の中は少しひんやりとしている。土の匂いや、植物の匂い。ちょっと不思議な香りがする。けど、嫌じゃない。

 あたしたちの上を枝葉がゆらゆら揺らめいているのを眺めていると、海の中から海面を見上げているようで少し懐かしくなった。

「で、どこに逃げたんだ? そいつは」

「えーっとねー……多分あっち!」

 あたしは直感の赴くままに森の中を進んでいく。

「多分って、大丈夫なのかよ……」

「大丈夫! あたしに任せて!」

 と、そんな感じで森の中を歩くことしばし。少し先の方から「ひゃあああああ!」と悲鳴が聞こえてきた。

「な、なんだ⁉︎」

 とおじさんは身構える。

「なんだろう。でもなんかこっちに向かってくるよ」

 あたしたちが立ち止まっていると、その音はだんだん大きく、声の主が近づいてくるのだ。それも結構な速さで。

「ねぇ、なんだと思う? あてっこしようよ」

「んなのんきなこと言ってる場合……!」

 言い終えるより先に、おじさんは何かを察知したように木の裏へと姿をくらませた。

「ん?」とおじさんの視線をたどっていくと。

 居た!

 すごい顔をした男の人たちが、全速力で押し寄せてくる!

「うわっ、ちょっ、何⁉︎」

 迫り来るそれを紙一重でかわすと、彼らは悲鳴を上げながら通り過ぎていく。すれ違いざまに見えた彼らは、なぜか皆一様に恐怖で顔を歪ませている。中には半べそをかいている人もいた。

 しばらくはただ呆然と彼らの後ろ姿を眺めていた。やがて彼らが見えなくなると、あたしは「え、何?」とつぶやいた。

「害獣駆除だな」

 おじさんは木の裏から出てきてそう言った。

「あ、もしかして畑が荒らされてたからかな」

 だからってそんなことしなくてもいいのに。みんなで分け合えばいいのになぁ。

「でも、だったらあっちの方に狸がいるってことだよね!」

「狸と決まったわけじゃねぇが、それよりあいつらの様子が……っておい! 勝手に行くなよ!」

 さくさく進んでいくあたしを、おじさんが追いかけてくる。こうやってちゃんと付いてくるあたり、このおじさん案外お人好しかもしれない。

「ん? なんだろう、あれ」

 あたしは茂みの中からひょっこりと出ている、茶色くてふさふさしたものを見つけた。近づきかがんで見てみると、その茶色い物体はゆらゆらと、こちらを誘うかのように揺れているのだ。

 あたしは好奇心に掻き立てられて手を伸ばした。すると、茶色い物体はスッと茂みに引き込まれて……次の瞬間、それは現れた。

 狸だ!

 狸が茂みから飛び出してきた!

 またしても尻餅をつかされたあたしの頭上を、狸は華麗に飛び越えていくのであった。