2017年5月13日土曜日

10楽章 裏

「ただいまー! 帰ったよー!」

 勢いよく発せられた声が、開け放たれた玄関から家の中へと響いていく。が、しかし、返事がない。

「あれー? 誰もいないのー?」

 居間を覗いてみても誰もいないので、ひとまず荷物を置きにうららの部屋へ。

「うーん……ちょっと埃っぽい?」

 部屋の中で大きく息を吸い込むと、鼻腔をくすぐられ、こらえきれずにくしゃみを一つ。

「うう、窓開けて行ったらよかったのに」

 そう言いながら部屋の窓を全開に。すると、外にうららのお母さんを発見。

「おーい! ただいま帰ったよー!」

 窓から上半身を乗り出し、両手を大きく振ってお母さんに呼びかける。

「ん? あ、ああ。あんたね。って、いつの間に帰ってきたのよ?」

「さっきだよ。何してるの?」

 お母さんは、「あんた、あんなことがあったっていうのに……」とため息を一つ。

 おや? いつもなら文句の一つや二つくらい言われると思うんだけど。

「まあいいわ。それより、畑が荒らされたのよ。楽しみにしてたトウモロコシが綺麗に食べられちゃってて」

 と、悔しそうなお母さん。

 よく見ると、庭の小さな畑スペースに植えられたトウモロコシはきれさっぱり身がなくなっている。そして、芯の部分だけがむなしく置き散らされていた。

「食べられたの? 誰に?」

「きっと動物よ。この辺みんなやられてるんだって」

「ふーん。それは大変だねぇ」

 口ではそう言いながらも、心の中ではなんだか面白いことになりそうな予感がしていた。よく分からないけど、ワクワクしてきたぞ。

「ちょっと散歩に行ってくるー!」

 あたしはそう言って、返事も待たずに部屋を飛び出し玄関を飛び出していった。

 周辺を見渡しながら歩いていると、確かにどこの畑も何者かに荒らされた痕がある。トウモロコシはもちろん、スイカなんて綺麗に中身だけくりぬかれている。

「ほえー。器用なもんだねー」

 なんて呑気に関心していると、近くの茂みで何やら物音が。

「おや? 何だろう?」

 気づかれないように、そうっと茂みへ近づいていく。ゆっくりと両手を伸ばしていき、「えいっ」と茂みの中にその手を突っ込んだ。

 すると、もふもふした感触と共に、奇妙で甲高い声が響いた。

「うわっ!」

 驚きのあまり、あたしは手を離し尻もちをついてしまった。当然、茂みの中にいた生き物は猛ダッシュで逃げ去ってしまう。

    ちらりと見えたその後ろ姿は、タヌキに似ていた。

 ふと、手元に何かが落ちていることに気づく。

「これは、魚?」

 背ビレ胸ビレ尾ビレに、ちょっと間抜けで何か言いたそうなこの顔は、間違いなく魚だ。しかもイワシだ。あたしの大好物だ。

「おお! これは天の、いや海の恵み! 今日はついてるねぇ」

 あたしがその魚を拾い上げ、いざ頭からかぶりつこうとした瞬間。

「待てゴラァ!」

 目つきの悪いおじさんが、鬼の形相であたし目掛けて突撃してくるのである。

2017年4月26日水曜日

十楽章〜その五

まだ夜の明けきらない早朝だった。
浜辺に明けの明星が光っていたのを覚えている。

村の人たちの騒ぐ声が聞こえた。
一体何があったんだろう...
目ボケまなこで、パジャマのままに私は家の外へ出て行った。

玄関を出て、崖の上から浜辺を見て驚いた。

大きなクジラが横たわっていた。

その周りを、村の男の人たちが取り囲み、みんな騒いでいた。

クジラは、動かず...

どうやら息絶えている様子だった。

「迷子になったんじゃよ」

ふと、後ろから声がして振り返ると、おばあちゃんが居た。

不思議なことに、おばあちゃんは全身びしょ濡れで、そこに立って居た。

そう。肩に海藻がかかり、まるで、海から上がってきたかのようにおばあちゃんは、潮に濡れていた。

「海の中で、迷子になってしまったんじゃよ。クジラ達には、音波が標べなのに...彼らの音楽が他の騒音に紛れてしまってるんじゃ。それで迷子になって家族と離れ、道を見失って浜に打ち上げられてしまったんじゃ。かわいそうにのう。」

そう言って、おばあちゃんはくるりと後ろを向いて、私と逆に家の中に入っていってしまった。

私は、もっと近くでクジラを見ようと浜へ降りて行った。

村人たちが、あぶないから近寄っちゃいけない!と、言いながら、私と同じように集まってクジラを見にきた人々に、注意していた。

そして、村中の人々が見守る中、クジラの解体を始めようとしていた。

村の長老で、古参の漁師さんが古めかしいおまつりの時にしか着ないような衣をつけ、手にはなにか木の棒にふさふさしたものが着いたのをもち、お祈りの唄を唄い始めた。

村の神社の神主さんが、白衣を着て慌てて浜へやって来た。

まだ若い漁師の人たちが、解体道具を持って集まってきた。

クジラの解体をまだ一度も見たことのなかった私は、なんだかとても怖くなって...一歩づつ、一歩づつ...後ろへ後ずさって行った。

そのとき、なにかに蹴躓いて、私は転んでしまった。

その、蹴つまずいたなにか...

それは、それは.....


小さなクジラだった。


転んだ私に、心配そうにその子は声をかけてくれた。

”ゴメン!ダイジョウブ?”

その小さなクジラの体は、青く透きとおっていた。


2017年4月11日火曜日

十楽章〜その四



うららさんが.....

うららさんに化けたイルカの精霊?のようなフラッチーさんと別れの挨拶をし、そしてフラッチーさんであるうららさんを見送りながら、彼女がすこし寂しそうな顔をしているのを、私は眺めていた。

この世界は、いろんなことが起こるんだな。
本当に。いろんなことが。

浜辺に打ち上げられて死んでしまったイルカは精霊になって(お化けになって?)、誰かのそばにあらわれて...

そんな話、普通じゃ信じてもらえない。
きっと、作り話だと思われる。
あるいは、頭がおかしいんじゃないか、と。

私も、あの体験が無かったら、
きっと簡単には信じられなかっただろうと思う。

フラッチーさんとうららさんが読んでいたイルカの精霊さん。
きっとあのイルカさんは、うららさんのことを助けているんだ。

助けて、うん、もしくは...

なにかお手伝いをしているのかもしれない。

けれど、もしかすると。

うららさんが、フラッチーさんのお手伝いをしているのかな。


私は、うららさんからフラッチーさんの存在を聞かされたとき、とても驚いた。

そう、驚いたことは驚いた。

けれどたぶん、その理由をうららさんは勘違いしている。

普通で考えたら非常識な現象だもの。

人は簡単には信じられないに違い無いだろうから...
だから、だからカホラちゃんは驚いたんだ...って。

そう思っているに、ちがいない。

私も、あまりに驚いてなんにも言えなかった。

けれど、私が驚いた理由。
驚いた、本当の理由。

それは、あの時とよく似ていることが起こったから。

あの時.....私がまだ小さな頃。

浜辺で打ち上げられて、息絶えたクジラのこと。

そして、そのクジラが不思議な存在となって、
私とおばあさんの前にあらわれた、あの時のこと。



それは、そんなに長い間のことでは無かった。
けれど、私は今でもよく覚えている。

あのクジラは、私のおばあさんのように年老いたクジラだった。
あのクジラの精霊が、おばあさんと話しているときは、まるで仲のいい友達同士を見ているようだった。

私達の暮らしているこの北の半島の岬には、毎年、初夏になるとクジラがやってきていた。今では見かけることも少なくなったけれど、昔はたくさん来ていたらしい。

村ではクジラの漁が行われていたし。
近所の大人の人たちが、夏のおまつりで、
面白いクジラの踊りを踊って伝えていた。

いつから、あの踊り...見られなくなったっけ。
十年前くらいからかな。

あぁ、そうだ。

ちょうど、あのクジラの精霊があらわれた頃のことだ。





                     Art by Chii & Ema




2017年3月27日月曜日

十楽章〜3

「うららさーん、お便りが来てますよー」

 翌朝、そう言ってカホラちゃんが一通の封筒を渡してくれた。お母さんが送ってくれた、帰りの交通費だ。

「ありがとう。結構早く届くんだねー」

 南から北までだから、一週間くらいかかるんじゃない? って思ってたよ。

「ということは、今日でもうお別れなんでしょうか」

 そう言って、カホラちゃんは寂しそうな顔を見せる。

 そういえば、カホラちゃん達にはまだ言ってないんだった。でも、どうだろう。帰らないってことは伝えた方がいいと思うけど、フラッチーのことは言わない方がいいのかな?
いきなり「フラッチーが人に化ける」なんて言ってもねぇ。

 しかし、私の考えなどなんのその。ドカンと一発かましてくるのがフラッチーである。

「じゃじゃーん!」と言いながら突如現れる、もう一人の私。

「「わっ!」」

 二人は悲鳴を上げて驚いた。

「ちょっ、いきなり変身しないでよ!」

 私はまだいいとしても、カホラちゃんからしたらちょっとしたホラーだよ!

「……あっ」

 ふと我に返った私は、そんなカホラちゃんの様子が気になって彼女に目を向けた。

「う、うららさんが、二人も」

 驚きと恐怖の入り混じった声で、カホラちゃんが言う。まるで怯えた小動物を見てるようで、申し訳なく感じながらもちょっと可愛いなと思ってしまう。

「ごめんね。バカなフラッチーで」

「バカとはなんだ!」

「そのまんまよ。とりあえず黙ってて」

 そう言って素直に黙るような子じゃないけど、まあいいや、ほっとこう。

「えっと、何から話そうかな」

 私はカホラちゃんをなだめつつ、フラッチーの事など諸々の説明を始めた。

 フラッチーとの出会い、彼女がどうゆう存在なのか。
ついでに、ジープさんが教えてくれたことも話してみた。

 奇天烈な話ばかりだけど、カホラちゃんとても熱心に聞いてくれている。

「ということは、うららさんは、イルカが打ち上げられた浜でフラッチーさんと出会ったということですよね?」

「うん」

「そうですか……やっぱり」

 そう呟いたカホラちゃんは、何かを考えているように見える。
と思ったら、今度は納得したように小さく頷いた。 

「それで、フラッチーさんがうららさんになって、うららさんの代わりにお家へ帰る、ということですね?」

「うん! そう! そういうこと!」

 よかった、ちゃんと説明できてたみたい。
カホラちゃん、全然疑おうとしないし、ほんと素直だなぁ。

「でも、大丈夫でしょうか。いけないことをしているような気がして、私心配なのですが」

「「大丈夫だよ!」」

 不意に私とフラッチーの声が重なった。

 それを見たカホラちゃんは笑みをこぼしながら言う。

「フフ、そうですね」



 飛行機のチケットは既にお父さんが取ってくれていた。でも、日付が今日になってる。というか、もうそろそろ出発の準備しないとまた乗り遅れてしまうかもしれない。ということで私は部屋に戻り、フラッチーに持って帰ってもらう物を鞄に詰め込んだ。そして、その荷物をフラッチーへ託した。

 これで、しばらくの間お別れになる。

「はい。それじゃあ任せたよ」

「うむ。任された!」

「ちゃんと私を演じるんだよ。変なことしたらダメだからね」

「大丈夫大丈夫!」

「それと、他には、えっとぉ.....」

「大丈夫だって! あたしが上手くやっとくから、うららは安心して自分の道を進んでよ!」

 ここにきて不安になってきた私だけど、そう言ったフラッチーを見て少し気が楽になった。

「それじゃ、先に帰ってるね」

 私の姿をしたフラッチーは、そう言って踵を返した。

 こうしていざ別れるとなると、やっぱり寂しくなるんだなぁ。遠のいていくフラッチーの後ろ姿を眺めながら、そんなことを思う私であった。 






2017年3月9日木曜日

十楽章〜2

〝私がうららになって家に帰れば、
うららはこのまま旅を続けられるでしょ?″

「私になるって、変装でもするつもり?」

 
小馬鹿にしたつもりで言ってみると、彼女は


〝もちろん!″


と、元気よく返事をするのであった。


「あぁ、うん。そうね」


 ダメだ。この子を頼った私が馬鹿だった。


〝む、なんだいその反応は″


 と、フラッチーは不満そうな顔をする。

 バカが過ぎている。非常識にも程がある。

 そもそも、ごくわずかな人にしか視認できないというのに、どうやって私の代わりを務めようというのか。

 とまあ、言ってやりたいことは色々あるけれど、なんだろう……言うだけ無駄な気がする。

 そんなことより、なんとか他の方法を考えなければ。でも、あの感じだともう嘘は通じないだろうしなぁ。


「あぁぁぁどうしよう〜」


〝だからあたしがうららになってさ″


「はいはい。それはもう分かったから」


 しつこいフラッチーを適当にあしらいつつ、お母さんに打ち勝つため頭を捻らせる。


〝やれやれ。そうやって考え込むからいけないのに″


「ん? 何か言った?」


 フラッチーの声が聞こえて振り返った私は、我が目を疑った。

 鏡も何もないはずなのに、同じ姿形でそこに立っている。私が。

 一体、どういうこと? 目を擦っても頬をつねっても、ドヤ顔で仁王立ちする私が消えることはなかった。どころか、質感のある声でこう言うのだ。


「どうよ!」


「……え……え?」


 何が起こったのか分からず戸惑う私。それでも、その態度と雰囲気から何となく察しはついた。


「まさか……フラッチー?」


「正解!」


 頭が真っ白になりそう。まさか、本当に私になってしまうだなんて。あらためてでたらめな存在だなぁと感じた私である。

 でも、これでフラッチーの提案が現実的となってしまった。だって、それが可能ならすごく美味しい話じゃない。


「ん? でもフラッチーって物に触れないんじゃなかった? ご飯も食べられないんじゃないの?」


 私の質問に対し、フラッチーは「ほい」と私の手を掴んでがぶり。


「……え?」


 手のぬくもり、柔らかさ、あと、口の中であろう感覚が、私の手から伝わってくる。視覚以外でも、その存在が実感できる。

 不意を突かれてしばらく思考が停止してしまったけれど、フラッチーの行動で私の疑問や心配は無くなった

 これは、いける!




art by Chii & Ema